セミナー

わっきーさん、少フォロワーで多益レポ

こんにちは、もっちんです。

 

 

先日、ネットビジネスのプロとして活躍され

3億の利益を自動で稼がれているわっきーさんが

こんなTweetをしていました。

 

 

 

私もこの企画に参加しようと

いいね、RT、DMをさせていただきました。

 

 

そしてその動画が先日配布されたのですが

内容が濃くて濃くて濃くて

カルピスの原液を100倍濃くした内容でした。

 

 

今回は動画を視聴した感想をアウトプットして行こうと思います。

 

 

ぶっちゃけ、このアウトプットをするまでに

5回ほど、動画をリピートしました。

 

 

きっと、数週間後にまた拝見すると思います。

 

 

それくらい濃い内容のセミナーでした!

 

 

今回の動画セミナーのタイトルは

インプレッションやフォロワーが多くても

収益化ができない理由を解説していただきました。

 

 

なので、この記事を読んでいただければ

少ないインプレッション・PV・フォロワー数でも

効果的にマネタイズしていく方法がわかるはずです。

 

 

それでは

「少ないインプレッション・PV・フォロワー数でも

効果的にマネタイズしていく方法」を見ていきましょう!

 

 

研究者になって再現性をもたせよう

 

まずですね、今回のセミナーの内容は

この「研究者」になることを軸として話が展開していきます。

 

 

この研究者と言うことなんですが、

つまりはその分野の専門家になるということです。

 

 

専門家になって、

誰にでも再現性のあるやり方を

教えてあげることが大切なんです。

 

 

例えばですね、可愛い子が

フォロワー数の伸ばし方を教える時に

 

「自分が可愛い」

 

と言うことを押し出してはいけないんです。

 

 

だって、これ、

「可愛い」を押し出したら

一気に再現性がなくなってしまいますよね。

 

 

「あなたは可愛いからできたんでしょう。」

「だから、私には無理よ。」

 

 

そう思われて

やる気が根こそぎ奪われてしまいますよね。

 

 

他にも、ダイエット商品を売る時に

「自分は元々食べても太らない体質」と言って

ダイエット商品を売っても売れるわけがないんです。

 

 

消費者の求めるものは

 

「自分にもできるかどうか」

「あなたが再現性の高い情報を持っているのか」

 

これにつきるんです。

 

 

自分が消費者の立場になってみればそうですよね。

 

 

再現性のないものを買っても

自分にできなきゃ意味がないですもんね。

 

 

で、ですね、

この再現性をもたせる時に、必要にな物の1つが

自分 or 他人の体験談です。

 

 

自分は過去にできなかった。

 

 

でも研究して研究して研究しまくって、攻略法を見つけて

今はこんな生活を送れるようになりましたよ!

 

 

この攻略法は再現性が高いんですよ。

 

 

これを伝えてあげることが大切なんですね。

 

 

重要なのは、

ただただ自分がダメだったことを

話すわけではないということです。

 

 

ダメだったところから這い上がる時の

苦悩や葛藤を話し、再現性を示しながら

今の生活を手に入れたことを伝えていく必要があるんですね。

 

 

そうすることで

フォロワーさんに

 

「自分でもこの悩みを解決できる。」

「この人は私の悩みを解決してくれる。」

 

 

つまり、

あなたの技術や商品には再現性がある

あなたの情報には価値がある

ということを示してあげるんです。

 

 

いらんことは言ったらアカンよ。

 

次に表のメディアで自分の

どの部分を出すかということについて語っていきます。

 

 

よく口は災いの元といいますが、

全くその通りで、

いらんことは言わなくていいんですよ。

 

 

例えばですね、現実世界でも

恋愛でいいムードの時に、いきなり誰かの愚痴をいうとか、

こういうことはしませんよね。

 

 

せっかく作った

いいムードや世界観が

全部ぶち壊されますよね。

 

 

これって自分が作るメディアでも、一緒なんです。

 

 

例えば、

ビジネスの発信をしていたとして

いきなり英語の授業配信が始まっても

 

「え?なんで?」

 

ってなりますよね。

 

 

もしこれが、

海外で話題になっている、ビジネス法を紹介するために

英語を学んでいてそれをエンタメとして見せている

とかならまだわかるんですが

 

 

全く関係ないのに英語の発信ってなったら

そのメディアを見てくれている

読者さんの食いつきは下がってしまうんです。

 

 

発信するのは

顧客の成功につながること、

顧客が喜ぶことだけでOKなんですね。

 

 

よくありがちなのは

キラキラした生活だけを示して

ノウハウはしょぼしょぼという物です。

 

 

でもですね、

ビジネスを学んでいるなら

まずはノウハウを教えてあげるのが先なんですよね。

 

 

お金やセールスや

マーケティングについて

しっかり学んでいる姿勢を示してあげるんです。

 

 

その方が自分の労力も減りますし。

 

 

そのあとに必要があれば

キラキラした部分を見せてあげればいいんですね。

 

 

ドヤルためや自己満足のメディアには

しないってことなんですね。

 

 

出すところは出して

引っ込めるところは引っ込める。

 

 

そうして、メリハリのあるボディならぬ

メリハリのあるメディアを作っていくんです。

 

主従関係を作りましょう

 

次に大事なのが

Twitterなどのリプで絡んだりしても

「ただのいい人になってはいけない」ということです。

 

 

恋愛でもあるじゃないですか

「いい人なんだけど、付き合うのはちょっと...。」

っていうこと。

 

 

これと一緒で

Twitterでリプをしたり、

挨拶をして友達になったとしても、それが

 

「あなたから商品を買う」

 

には直結しないんです。

 

 

入り口は、リプで絡んだり

挨拶をするでいいんですが

 

 

大事なのはそのあとに、あなたが研究者として

ちゃんとその分野に精通していることを

示してあげることなんです。

 

 

つまりあなたは教える立場なんだよということを

しっかりと認識してもらう必要があるんですね。

 

 

そうして

あなたに教えて欲しい、

あなたから情報が欲しいと、

思ってもらうことが必要なんです。

 

 

前の段階の欲求を喚起させる

 

次に、見込み顧客に「あなたの商品を欲しい」と

思ってもらう必要があるので、そこにも触れていきます。

 

 

まず、欲求の4段階を知っておいた方が理解しやすいと思うので

そちらを解説していきます。

 

 

欲求には4つの段階があるのですが

それが、欲求の高い順に

 

・恐怖

・欲望

・好奇心

・無関心

 

となります。

 

 

で、ですね、顧客がどの欲求に達した時に

お金を払うかを考えてみると

 

 

顧客が一番お金を払うのは、ズバリ、

「恐怖」している時です。

 

 

この商品を買わなきゃ死んでしまう。

この商品を今買わなきゃ二度と手に入れられない。

 

 

そんな風に思う時に顧客は

 

「大金であっても商品を買いたい!」

 

と思うようになるんですね。

 

 

その次に低いレベルが

「欲望」ですね。

 

 

これは、

この人に会ってみたいなとか

この人と話してみたい

この人の情報にもっと触れたい

 

 

こう思っている時です。

 

 

欲求のレベルがここまでくれば

商品を買ってもらうことができます。

 

 

次に低い「好奇心」のレベルですが、

これは

 

なんだか、この人面白そうだなぁ。

こういう人もいるのかぁ。

 

こんな風に自分に対して軽く興味を持ってもらっている時ですね。

 

 

おそらくこの欲求レベルで商品が売れることはありません。

 

 

その下の「無関心」レベルでは

興味すら持ってもらえていないので

まず売れることはないです。

 

 

必要なこと、

相手に興味を持ってもらって

 

 

「こいつの情報知りてぇ」

「うわ〜こいつに会いてえ!」

「こいつのセミナ〜受けてみてえ〜!」

 

 

と思わせることなんです。

 

 

で、ですね、情報発信では

いきなり自分の商品やメディアの宣伝を

しても意味がないんです。

 

 

俺だ俺だ俺だ俺だオレだ〜〜〜〜!!!

 

 

ではアカンのですよ。

 

 

どういうことかというと、

ますは、あなたの商品よりも

ビジネスという分野に興味を持ってもらわないと

話が始まらないんです。

 

 

お金や仕事に困っていない人

ビジネスという「分野」に興味がない人に

 

 

「ビジネスのセミナーどうですか?」

「自分の稼ぐ系の商品どうですか?」

 

 

なんて言っても売れるわけがないんですよね。

 

 

つまり自分に興味を持ってもらう

前の段階の欲求を喚起しないと行けないんです。

 

 

ここを知らずに

自分の商品の宣伝ばかりしてしまうと

話がおかしくなってしまうんですね。

 

 

いつまでも小さな穴の中で

ワーワー話している状態になってしまいます。

 

 

だから、

まずは自分の分野に興味を持ってもらって

そのあとに、あなたと、

あなたの商品に興味を持ってもらうんですね。

 

 

だから

Twitterでフォローしてくれた人や

ブログを見に来てくれる人には

まずは、その分野に関して興味を持ってもらいましょう。

 

 

そのために、最初の項で取り上げた

「研究者」になるということが大切なんです。

 

 

研究者として、その分野のことを知ると

どんな未来が手に入れられるのか

あなたがその分野にどれくらい精通しているのかを発信していくんです。

 

 

例えばビジネス系をするとして、

 

 

まずは、

ライティングや

マーケティングの知識を発信していきます。

 

 

あなたがこの業界に精通していますよ。

 

 

その分野において専門家の

あなたからビジネスを学べば間違いありませんよ。

あなたの商品には再現性があるんですよ

ということを伝えていくんですね。

 

 

そうすると

あなたからビジネスを学びたいと

思ってもらえる確率がグンッと上がります。

 

 

そうしたら次の段階で

あなたに興味を持ってもらう時の話ですが、

 

 

ここのフェーズでは、

スペックだけを語ってしまうと

フォロワー数やPVが多くても売れなくなってしまいます。

 

 

だからこそここまできたら

自分の体験談・経験・知識を外に出していき

自分の言葉に説得力をもたせていくんです。

 

 

そうして、ファンになってもらって

 

「こいつの情報知りてぇ」

「うわ〜こいつに会いてえ!」

「こいつのセミナ〜受けてみてえ〜!」

 

と思ってもらうことなんです。

 

 

まとめ

 

今回の話をまとめると

 

・研究者になって再現性をもたせよう

・いらんことは言ったらアカンよ。

・主従関係を作りましょう

・前の段階の欲求を喚起させる

 

で、これをもっと大きくまとめると

 

情報に投資しましょう!

そうして専門家になって

出すとこ出して欲求を高めていきましょう!

 

 

という話です^^

 

では今回はこれで以上になります。

 

 

ありがとうございました^^



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

私はネットを使いビジネスをしています。

ネットでビジネスと聞くと

「怪しい」とか「難しそう」と感じるかもしれません。



ですがビジネスの本質をみると、

そこにはネットでも実店舗でも変わらない普遍的な法則があります。



そして、私自身ビジネスが得意だったわけでもなければ、

しゃべるのが得意だったわけでも、

ましてや文章を書くのが得意だったわけでもありません。



ですが、知識0からでもこうして個人でビジネスを学ぶことにより

文章を書く力を養い、個人で稼ぐ力を伸ばしていくことができます。



どんな人でも学んでいけば成長することはできるし、

収益をあげることはできます。

ようは慣れなんですね。



私自身がビジネスを始めた思い、

仕組みを完成させて収益をあげられるようになるまでの過程を

下記の記事では紹介しています。

私もちの行動理念を読んでみる


ーーーーーーーーーープレゼントーーーーーーーーーー


▼ブログでは言えないな内容はメルマガ内で公開中▼

>>詳細が気になる方はコチラをクリック<<

Follow me!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

もち

2020年1月に派遣切りにあったことをきっかけに2020年5月よりネットビジネスを始めました。 現在は「自分らしくイキイキと生きていく人を増やす」を理念に活動しています。 もっと自由に、わがままに。心から人生を楽しみ、時間もお金も妥協しない生活を送るために邁進中。

いろいろレビュー♪

1

  こんにちは、もちです^ ^ 私が実際に使用してとても良かったと思うアイテムを紹介していきます。 全て資産(仕組み)構築に欠かせないツールたちです。   目次1 ブログ編1.1 ...

2

こんにちは、もっちんです。   今日は私がネットビジネスで一番最初に行った お小遣いの稼ぎ方をご紹介しようと思います。   目次1 ポイントサイトとは2 現代社会の恩恵3 ハピタス ...

-セミナー

Copyright© 思いどおりの人生を❤️ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.