レビュー

利き脳診断・ヒューマンセンサーを受けて来た

こんにちは、もっちんです。

 

先日、

東京でヒューマンセンサーという

利き脳を診断のテストを受けて来ました。

 

前日にビジネスセミナーがあり

ちょうど東京に来ていたので

ぴったりのタイミングでした。

 

 

ビジネスセミナーの記事はこちら

 

 

 

そのレビューをしていきます。

 

ビジネスを初めてから自己分析・自己理解に目覚めた。

今回の受けたヒューマンセンサーは

1回26,000円となかなか高額です。

 

 

金額は年々値上がりしているようですね。

 

 

2013年のレビュー記事には

20,000円とあり

 

 

2019年のレビュー記事には

25,000円。

 

 

2020年からこの26,000円になったようです。

 

 

最初の印象は

 

「けっこうするな、、、。」

 

 

 

では、なぜこの金額を払ってまで

今回このプログラムを受けたのか?

 

 

それは、

「自分の特性をしっかりと知りたい。」

という思いがあったからです。

 

 

というのも、

私は、自分のビジネスを初めてから

自分と向き合うことで

「仕事」に対するイメージが変わりました。

 

 

前までは仕事って

生活のためにイヤイヤするものって

思っていました。

 

 

でも自分でビジネスを始めるようになってからは

仕事って自分の生活を豊かにしてくれもの

 

 

自分をもっともっと自由に

自分を自分らしくしてくれるもの。

 

 

そう感じることができるようになりました。

 

 

 

人生ってちゃんと自分でコントロールすることができるし

もっと楽にしていきたいって思ったんです。

 

 

そのためにはまずは自分を知ってあげる。

 

 

調べていくと、

このヒューマンセンサーは

 

両手の2本の指に10分間装置をつけ

そこから2万個のものデータを取り利き脳を判定する。

 

 

こう書かれていました。

 

 

ここから取れるデータは

自分が「こうありたい」という意識には影響され無い。

 

 

つまり

チェックシートみたいなものではないんですね。

 

 

客観的なデータから

その人が持つ

 

・特性

・本性

・潜在的能力

 

を出してくれる。

 

 

これを見て、

とっても魅力的だなって思ったんです。

 

 

よくあるチェックシートだと

どうしても自分の感情に左右されて

変わってしまうことがありますよね。

 

 

でも、客観的に見て

自分の根底にはどんな特性が潜んでいるのか。

 

 

それをちゃんと言語化して認識しておきたい。

 

 

そう思ったのです。

 

会場到着

 

事前に調べてみると

結構混むということを聞いていたので

15分くらい前に到着するようにいきました。

 

 

会場に入ると、私が1番乗りでした。w

 

 

コロナの影響かな?

とも思いましたが、

人数が少なくてラッキーでした。

 

 

その後しばらくすると

パラパラと人が集まってきて

今回は約10名ほどの人数での開催でした。

 

診断スタート

 

最初に、短い説明を聞き、

そのあとに、いざ診断。

 

 

会場の後ろの方にあるテーブルに6人ずつ移動。

 

 

そこに置かれていた機械がこれ。

 

この機械の丸い銀色の部分を

両手の人差し指と、中指にそれぞれ装置をつけて

脳のデータをとって行きます。

 

 

 

今までにない自己分析にドキドキ。

 

 

それからしばらく目を閉じて

アナウンスを聞きます。

 

 

ア「左の耳に意識を集中してください。」

 

も「(左の耳、左の耳。集中、集中。)

 

ア「今度は左の額に意識を集中してください。」

 

も「(左の額、左の額、、、。)」

  (10分間って以外と長いんだな、、、)

  (はっ!いけない、いけない。左の額)」

 

 

こんな感じで10分間目をつむったまま

アナウンスの指示にしたがって

意識をいろんなところに集中させていきます。

 

 

ちなみにですが、測定中

電気が流れている感覚は全くありませんでした。

 

 

測定が終わったら、

あとは結果が出るのを待つだけ^^

 

 

まれに手が乾燥していたりして

測定がうまくできない場合もあるそう。

 

 

その時はちゃんと

再測定してもらえます。

 

 

ちなみに、

私、再測定でしたw

 

 

 

2回目の測定は

指に少量の水をつけて

なじませてから開始しました。

 

 

(2回目)

ア「左の耳に意識を集中してください。」

 

カタカタカタカタ、、、、。

 

も「(誰かキーボード叩いているな。)」

 

ア「今度は左の額に意識を集中してください。」

 

も「(ぷうかさんかな?)

  (はっ!いけない、いけない。左の額)」

 

 

2回目もこんな感じで測定です。

 

 

「一瞬だけ1回目と2回目で結果が違ってたらどうしよう。」

 

 

そんなことも考えましたが

結果が変わることはまず無いそう。

 

 

利き脳って簡単にいうと利き腕と同じです。

 

 

右利きの人が急に左利きになることがないように

利き脳もほぼ変わることは無いらしいです。

 

 

まれに頭に強い衝撃を受けて脳にダメージがあったり

生死をさまようような経験をした場合は

変わることがあるとおっしゃっていました。

 

結果発表

 

測定後15分ほどで結果が渡されました。

 

 

ドキドキしながら受け取った私の結果は

CCタイプでした。

 

 

タイプは全部で13種類に分かれます。

 

 

 

私のCCタイプを簡単にいうと

 

・両脳を使えるタイプ

・今にフォーカスして「楽しさ」を大切にする

・広い範囲に渡ってあれこれと知識を使うのが得意

・頭の回転が早い

 

という結果が出ました。

 

 

成果を上げやすい仕事Best5

 

・情報の収集

・広報関係の仕事

・教育・研修

・催事・企画の準備手配

・サービス業務

 

みたいです。

 

 

出てきた結果で嬉しかったのが

「とびきり楽しく豊かに生きる」というワード。

 

 

自分でビジネスを始めるようになって

自分と向き合って

 

 

楽しい方向に進んで行ったら間違いない。

人生って楽しんだ者勝ちだな。

 

 

そんな風に感じていたので、

この結果が出てきた時に

 

 

「今の考え方でいいんだよ。」

 

 

そう言ってもらえているような気がして

今までの自分の考えが

ストンと腹落ちしました。

 

子育て中の親御さんにもオススメ

 

今回来ていた方の中には

ベビーカーに乗せた

小さなお子さん連れの方もいました。

 

 

測定するのは親ではなく子供です。

 

 

確かに、

小さいうちから

自分の子供がどんな特性を持っているのか知っていれば

その特性を伸ばしてあげることができますよね。

 

 

私は小学生の時にピアノをやっていました。

 

 

確か、「やりたい!」

そう言ったのは小学1年生の時。

 

 

友達がやっているのを見て興味が出ました。

 

 

でも、2年生くらいになる時には飽きてしまって、、、笑

正直辞めたかったんです。

 

 

でも、

 

 

「やめたい、、、。」

 

 

そう言っても母は許してくれませんでした。

 

 

 

母「一度やるって決めたんだから、

小学生のうちはやり続けなさい。」

 

 

そう言われて

小学6年生までピアノを続けました。

 

 

時には泣きながら鍵盤の前に座り

 

「もうやだよ、、、。」

 

そう泣きながら練習していました。

 

 

幼い頃は

 

「私がいけないのかな?」

 

「なんでピアノやりたいなんて言っちゃったんだろう。」

 

そんな風に思っていましたが、

これって、私が持っていた特性だったんですね。

 

 

母にはとても感謝していますが、

 

 

もし、これから子育てする親が、

自分の子供の特性を知っていたら

 

 

私がしたような経験を

自分の子にさせることは無いと思うんです。

 

 

きっと子供を伸び伸びと育ててあげられる。

 

 

ヒューマンセンサー代表の方は

 

「自分の孫や子供へぜひプレゼントして欲しい。」

 

そうおっしゃっていました。

 

 

お子さんの特性を知ることで

もっともっと大きく育てていくことってできるんですよね。

 

 

利き脳は3歳頃に決まり

その脳の特性と一生お付き合いしていきます。

 

 

会場にいた代表者の方に伺うと

診断は3歳10日頃から受けることができるようです。

 

 

気になったらチェックして見てくださいね^^

 

まとめ

今回、

この利き脳診断を受けてとてもよかったです。

 

 

今まで自分でも

 

「なんとなくこうだな」

 

と思っていたことが

ちゃんと言語化されました。

 

 

もちろん、

統計学なので100人いたら、

100人みんなが納得できる結果が出てくるとは限りません。

 

 

でも、自分のデータとして

自分の根底にはどんな特性があるのか?

 

 

これを理解した上で、

日々自分が感じる感情を大切にして生きていく。

 

 

そうすることで、

自分がどうなりたいのか

人生でどこに向かって歩いていくのか

 

 

これが明確になって

自信を持って進んでいくことができるんですよね。

 

 

この診断を参考に、これからも

もっともっと人生を楽しんで行こう!

そう思えることができました。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

私はネットを使いビジネスをしています。

ネットでビジネスと聞くと

「怪しい」とか「難しそう」と感じるかもしれません。



ですがビジネスの本質をみると、

そこにはネットでも実店舗でも変わらない普遍的な法則があります。



そして、私自身ビジネスが得意だったわけでもなければ、

しゃべるのが得意だったわけでも、

ましてや文章を書くのが得意だったわけでもありません。



ですが、知識0からでもこうして個人でビジネスを学ぶことにより

文章を書く力を養い、個人で稼ぐ力を伸ばしていくことができます。



どんな人でも学んでいけば成長することはできるし、

収益をあげることはできます。

ようは慣れなんですね。



私自身がビジネスを始めた思い、

仕組みを完成させて収益をあげられるようになるまでの過程を

下記の記事では紹介しています。

私もちの行動理念を読んでみる


ーーーーーーーーーープレゼントーーーーーーーーーー


▼ブログでは言えないな内容はメルマガ内で公開中▼

>>詳細が気になる方はコチラをクリック<<

Follow me!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

もち

2020年1月に派遣切りにあったことをきっかけに2020年5月よりネットビジネスを始めました。 現在は「自分らしくイキイキと生きていく人を増やす」を理念に活動しています。 もっと自由に、わがままに。心から人生を楽しみ、時間もお金も妥協しない生活を送るために邁進中。

いろいろレビュー♪

1

  こんにちは、もちです^ ^ 私が実際に使用してとても良かったと思うアイテムを紹介していきます。 全て資産(仕組み)構築に欠かせないツールたちです。   目次1 ブログ編1.1 ...

2

こんにちは、もっちんです。   今日は私がネットビジネスで一番最初に行った お小遣いの稼ぎ方をご紹介しようと思います。   目次1 ポイントサイトとは2 現代社会の恩恵3 ハピタス ...

-レビュー

Copyright© 思いどおりの人生を❤️ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.